【口コミ・評判】ハオ中国語アカデミーのメリット・デメリットを解説!

ハオ中国語アカデミーは、2004年に開校した中国語スクール。日本国内13都市に52の教室を設置、日本以外でも中国の北京、上海、大連の学校と提携を結んでいます。

現在は、イーオンHDの傘下に入り、株式会社イーオンの中国語事業本部に。中国語スクールとしては歴史のある大手の語学スクールです。

今回はハオ中国語アカデミーの無料体験レッスンを受けてみました。

この記事では

  • ハオ中国語アカデミーの基本情報
  • ハオ中国語アカデミーの無料カウンセリングのレビュー
  • ハオ中国語アカデミーのメリット・デメリット
  • ハオ中国語アカデミーの口コミ・評判

について解説していきます。

ハオ中国語アカデミーはどんなスクール?

HSK認定校のほか、台湾華語の能力検定TOCFLの実施・運営会社でもあり、中国や台湾への留学サポートも!中国語を切り口に幅広く事業を展開しています。

コースはマンツーマン、グループレッスン(4名~6名)セミ・グループレッスン(~3名)があり、通学、オンライン講座のどちらでも受講が可能。自分の好みの学習スタイルや時間、予算に合わせて、コースがいろいろ選べるのはいいですね。

サービス名ハオ中国語アカデミー
URLhttps://www.hao-net.com/
運営会社名株式会社イーオン 中国語事業本部
事業本部
所在地
中国語事業本部東京都新宿区西新宿6-21-1 アイタウンプラザ2F
設立1973年5月
資本金1,000万円

ハオ中国語アカデミーの無料体験レッスンの流れ

無料体験レッスンは、公式ページのトップページから申し込みが可能。トップページの左側に無料体験レッスンのボタンが設置されていますので、必要事項を記入し申し込みましょう。

申込みフォーマットの下部にはアンケートも設置されています。
必須入力にはなっていませんが、体験レッスン時にはアンケートの記載内容に基づいてヒアリングがされます。当日の体験レッスンをスムーズに進めるためにも申込時に記入しておくのがおすすめ。

ハオ中国語アカデミーの無料体験レッスン

体験レッスン申込フォーム送信後、申込確認メールが自動配信されてきます。自動配信のメール受信してから数時間後、今度は担当の学校から日程確定メールが送られてきました。

日程確定がすると、Zoomの情報が送られてきます。体験レッスンはZoomで行われますので、Zoomを使用したことがない方は、レッスン当日慌てないためにも早めにダウンロードしておきましょう。

ちなみにハオ中国語アカデミーの公式ページでは「コース説明会」と「無料体験レッスン」の申し込みがわかれています。内容と所要時間が異なるので、どちらがより適切か確認してから申し込んでみて下さいね。

コース説明会
・所要時間:約30分~1時間
・内容:コース、テキストの説明、目標レベルの設定および受講コースの提案、学習アドバイス、質疑応答など。

無料体験レッスン
・所要時間:約1時間半
・内容:レベルチェックを兼ねた50分間のレッスンを受講。その後、説明会と同じ内容。
     

ハオ中国語アカデミーの無料体験レッスンのレビュー

体験レッスンの当日は、開始時間までにメールに記載されていたZoomのURLに接続しましょう。ログイン後、入室許可がされたらカウンセリングが開始。

体験レッスンは以下の内容で進められました。

  1. 現状ヒアリング(10分)
  2. レベルチェック(5分)
  3. 体験レッスン(35分)
  4. 最適学習プランの提案、スクール説明(25分)

体験レッスン以外はカウンセラーが担当。カウンセラーも体験レッスンの講師もどちらも中国人でしたが、日本語は非常に流暢でした。聞きたいことがあれば、日本語でも中国語でも聞いてくれるので安心。

現状ヒアリング

事前に提出したアンケートをもとにヒアリングを受けました。
主に確認された事項は以下です。

  • 中国語学習歴
  • 現在の中国語使用状況
  • 学習開始希望時期
  • 目標、要望

カウンセラーの方の日本語がとても流暢で、こちらのニーズや気持ちをすぐにくみ取ってくれるので、非常にコミュニケーションがとりやすかったです。

レベルチェック

現状ヒアリングが一通り終わると、そのままレベルチェックへ。
あいさつ、出身地、中国に行ったことがあるか、通勤方法、通勤にかかる時間など、基本的な日常会話を5分ほど。

使用言語は中国語のみ。わからない単語があれば、ホワイドボードに書いたり、中国語でヒントを出したりしてくれます。

レベルチェックが終わると、5分ほど体験レッスンの先生への引継ぎがあります。その間、しばらく待機時間に。

体験レッスン

体験レッスンは、専門の中国人講師が担当。

体験レッスンの内容は、中国人学習者なら一度は迷ったことがあるだろう「了」の使い方。レベルチェックのあと、カウンセラーから体験レッスンで学んでみたい内容を聞かれたので、私から「了」使い方についてのレッスンをリクエストしました。

体験レッスンの内容をリクエストできるのはいいですよね。しかも5分程度の引継ぎ時間で、受講生のレベルに合わせた授業を即座に組立、講義をできるのは講師の経験とスキルも必要。このあたりからハオの講師は信頼して教わることができそうだと思いました。

レッスンはテキストを画面共有しながら進められます。テキストを読んだり、例文を作ったり、講師の質問に答えたり。講師の「了」の文法や使い方の説明は非常にわかりやすく、今まであいまいにしてきた部分が理解できました。今回の体験レッスンでの一番の収穫です。

また、体験レッスン中は、受講生に二つの要求が出されます。

  • 回答する際は単語ではなくセンテンスで答える
  • 一方的に質問に答えるだけではなく、相手にも質問をする

つまり、レッスン中は講師の質問に答えるという一方的なやり取りではなく、相互に質問することで会話をしながら進められます。体験レッスンにもかかわらず、要求が高い気もしましたが、おかげで中国語の会話を楽しむことができました。

最適学習プランの提案、スクール説明

体験レッスンが終わると、講師からカウンセラーへ体験レッスンの様子について申し送りの時間。5分ほどの申し送り時間が終わると、再び進行がカウンセラーにバトンタッチされます。

体験レッスン後の時間では以下について説明がありました。

  • 体験レッスンのフィードバック
  • 学習プランの提案(現在のレベル、使用教材、学習の進め方)
  • 料金体系の説明
  • コースの説明

最初に体験レッスンの受講の様子や、現在のレベル、現在のレベルに合わせた学習プラン、教材の紹介、受講料などを丁寧に説明してもらえました。

体験レッスン後、すぐに担当カウンセラーからスクールのパンフレットが送られてきました。申込み後から一貫して返信等のレスポンスが早いので、やり取りがスムーズ!

また体験レッスン中も体験レッスン後も強引な勧誘なども一切なし。

体験レッスンも正規レッスンの授業と同じくらいボリュームがあるので、体験レッスンを受講すればハオの授業の進め方や、学習成果は十分に実感ができると思います。

ハオ中国語アカデミーのメリット

ここからは、実際に体験レッスンを受講して感じたハオ中国語アカデミーで中語を学ぶメリットについてまとめてみました。

  1. 中国語の基礎からしっかり学べる
  2. 自分のスタイルに合った学び方ができる
  3. 専用動画で自宅学習も可能
  4. 中国人講師の層が厚い

オリジナル教材で基礎からしっかり学べる

ハオのレッスンはオリジナルのテキストを使った授業形式で進められます。中級レベルまでは、ハオのオリジナルテキストを使って学習していきます。

マンツーマンレッスンのオリジナルテキスト(「実践漢語会話課本」)は、日本国内の中国語学習者向けにハオが独自に作成したテキストだそう。正しい発音、文法、語彙力、話す力、聴く力をバランスよく学べる教材になっています。

また、テキスト以外にも、単語帳、CD教材、ライティングノートも用意されているので、移動中や自宅でも学習することが可能。

教材はあれこれ手を出しがちです。通っているスクールで決まった教材があると、それだけに集中して勉強することができていいですね。

ハオではレベルの設定と使用するテキストを連動。現在は全25のレベルが設定されており、中国語を全く勉強したことのない人から通訳レベルの上級者まで広く対応しています。

それぞれのレベルが中国語検定、HSKのレベルとも紐づいているので、試験合格を学習目標にすることもできますね。

また、1冊のテキストで16課分の学習内容が収録されています。1課の学習が終わるのに、通常2回のレッスンが必要になるそうです。自分の目標達成までのレッスン回数を把握することができるので、学習計画や予算も立てやすいですね。

自分のスタイルに合った学び方ができる

ハオでは以下の3コースから学習スタイルを選ぶことができます。

  • マンツーマンコース(1on1)
  • セミ・グループコース(~3名/クラス)
  • グループコース(~3名/クラス)

マンツーマンコースでは、あらかじめレッスン日時を決めで受講する「固定制コース」と自分の好きな時間に予約ができる「自由予約制コース」の選択が可能。いずれも週50分コースか週100分コースを選択することができます。

ハオでは1週間100分(50分×2)の受講が基本。そのため、通常、1日で2レッスン受講するか、週2回に分けて2レッスン受講するかを選択します。

学習習慣を身につけたい人は、決まった時間に学習する固定制を選択したほうがよいかもしれません。また、仕事の都合や家庭の事情で週に100分の授業を受講できない場合は、授業の振替もできます。

その他にも、短期集中週200分コースや資格試験対策コース、出張・赴任直前対策コースなど、目的、用途に合わせて、コースの選択も可能。

なお、セミ・グループレッスン、グループレッスンは、日時固定制のみの提供となりますので、ご注意を!

また、通学コースでは、マンツーマン、セミ・グループレッスン、グループレッスンのすべてのコースに対応していますが、オンラインコースは現時点ではマンツーマンレッスンのみの対応しています。

専用動画で自宅学習も可能

ハオに入会すると入会者に「ハオ・ネットキャンパス」のID、PWが付与され、視聴が可能。

ハオ・ネットキャンパスでは、レッスンの予約のほか、学習に役立つコンテンツが利用可能です。授業の予習復習も動画ですることができるので、授業でわからないことがあれば、再度動画を見て学習ができます。

グラフィカル ユーザー インターフェイス

自動的に生成された説明

IDやPWがなくてもコンテンツの一覧を観ることができます。「漢語発音WEB講座」や「中国語メール講座」など面白そうなコンテンツがたくさん用意されています。サンプルを見ることができますので、興味がある方は是非ご覧ください。

▷▶学習コンテンツのサンプルを見てみる

講師の指導力が高い

体験レッスンを通じて、講師の説明の分かりやすさ、授業内容の落とし込み方、質問の仕方やタイミング、授業の進行など、指導力の高さを感じました。

また、インプットとアウトプットのバランスがよく、「覚える→話す→覚える→話す」を繰り返しやっていくので、教えてもらったことの定着率が早いと思いましたね。

中国人講師の場合、日本語もできるので、わからないところは日本語で説明をしてもらえるのも助かりましたよ。

ハオ中国語アカデミーの講師はスクール内部でも定期的に研修をきちんと行っており、講師の指導レベルもある程度は平準化されているそう。

語学スクールの中国人講師というと、指導経験が乏しく、ただの中国人が中国語を教えているのかな、というレベルのスクールもあるので、採用から研修までが体系化されているのは信頼できますね。

ハオは講師の人数も多いようです。筆者が受講したスクールも20名以上の講師が在籍。ハオは現在全国に52拠点あるので、単純計算でも1,000名近くの講師がいることになります。それ以外にも海外にも提携校やオンラインレッスンの講師がいることも考えると講師の層も厚さもうかがえますね。

ハオ中国語アカデミーのデメリット

ハオ中国語アカデミーのデメリットは受講料が高いことです。ハオのマンツーマンレッスンの1レッスン当たりの受講料は、5,610円~7,310円のレンジで設定。固定制よりは自由予約制の方が高いです。

レッスン回数が多いほど安くはなりますが、それでも決して安くはない値段です。

グループレッスンは、マンツーマンレッスンより安いとはいえ、レッスン数が決められているので、こちらも必ずしも安いとは言い切れません。

ただ、マンツーマンレッスンの場合、デイタイム優待(昼割)、学生優待、シニア優待等の特別優待制度や「教育訓練給付金制度」の指定講座も用意されています。自分が受講する講座が該当するかどうかを確認してみて下さいね。

ハオ中国語アカデミー中国の口コミ・評判は?

ハオ中国語アカデミー中国語の口コミを紹介します。

「ハオで学んでいます」という口コミはいつくかありましたが、レッスンについての感想が書かれているものは少なかったです。

ハオ中国語アカデミーのコース・料金は?

入会金 22,000円※無料キャンペーン期間もあり
コースと料金 マンツーマンレッスン
・固定制コース
・自由予約制コース
・200分コース
・資格試験直前対策コース
・出張・赴任直前対策
・セミ・グループレッスン
・グループレッスンなど
料金はレッスン数、受講時間帯によって異なる
レッスン時間単位 50分
教材 ・マンツーマンレッスン実践漢語会話課本(HAOオリジナル教材)
・グループレッスン日常漢語会話シリーズ(HAOオリジナル教材)
・ネットキャンパス(HAOオリジナルWebコンテンツ)
講師国籍日本、中国、台湾など
対応時間帯・平日12:30-21:30
・土日10:00-19:00
通信方法(オンラインの場合)・通学、ブレンドコース(日本国内のみ対応):Zoom
・オンライン専門コース(ワールドワイド対応):Newrow

ハオ中国語アカデミーの体験レッスンを受けてみよう

体験レッスンにもかかわらず、有料級のレッスンを体験できてとても有意義な時間を過ごせました。実際のレッスンでは文法をしっかり学びながら、一歩ずつ学習を進めることができそうです。レッスン中に会話の練習をする機会も多くあるので、中国語を話すことに早く慣れることができると思いました。

中国語をたくさん話しながら、文法を身につけていきたいと感じている方、一度ハオの体験レッスンを受講してみてはいかがでしょうか? ハオ中国語アカデミーの体験レッスンは、公式ページから申し込めます。

もし短期集中で本気で頑張りたいという方には、専属のコーチがついてくれる「中国語コーチングスクール」もおすすめです。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

関連記事

みなさんは「中国語コーチング」とはどういうものなのかご存知ですか?中国語を学びたての人は、自分と中国語コーチングは関係の無い話だと思うかもしれません。しかし実はその逆で、中国語初心者にこそ中国語コーチングを検討する必要があります。 […]

【口コミ・評判】ハオ中国語アカデミーのメリット・デメリットを解説!
最新情報をチェックしよう!