【口コミ・評判】フルーエント中国語学院のメリット・デメリットを解説!

フルーエント中国語学院(以下「フルーエント」)は、『HSK・中国語検定 最強の学習法』の著者でも有名な三宅裕之先生が学長を務める中国語スクール。

フルーエントは、スクール形式で中国語を学んでいくのではなく、提供されるオンラインテキストと市販教材を独学で学ぶ通信制。従って、スクールの拠点はなく、いわゆる”中国語の講師”もいません。

講師がいない代わりに、受講生一人ひとりに日本人専任トレーナーがつきます。この専任トレーナーが、受講生の学習報告の確認、最適な学習法のアドバイスや2か月に1度のコーチングを行い、独学でも目標を達成できるためのサポートを行っていきます。

今回は、マンツーマンサポートコースの無料個別相談会に参加した体験をもとに、フルーエントの特徴やメリット、デメリットについてまとめました。

この記事では

  • フルーエント中国語学院の基本情報
  • フルーエント中国語学院の無料体験レッスンのレビュー
  • フルーエント中国語学院のメリット・デメリット
  • フルーエント中国語学院の口コミ

について解説していきます。

もし短期集中で本気で頑張りたいという方には、専属のコーチがついてくれる「中国語コーチングスクール」もおすすめです。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

関連記事

みなさんは「中国語コーチング」とはどういうものなのかご存知ですか?中国語を学びたての人は、自分と中国語コーチングは関係の無い話だと思うかもしれません。しかし実はその逆で、中国語初心者にこそ中国語コーチングを検討する必要があります。 […]

フルーエント中国語学院はどんなスクール?

フルーエントは日本人専任トレーナーが、受講生の学習報告の確認、最適な学習法のアドバイスや2か月に1度のコーチングを行い、独学でも目標を達成できるためのサポートを行っているスクール。

コースは通常の「マンツーマンサポートコース」と三宅学長自らが担当する「レジェンド・コース」の2種類があります。但し、現在「レジェンド・コース」は募集を停止している可能性があります。受講を希望される場合は、一度スクールに問い合わせてみてください。

コースの受講期間は1年。マンツーマンサポートコースは、中国語ゼロからはじめてHSK4級、レジェンド・コースはHSK5級以上の取得を目標としています。

スクールに通わず自分のペースで勉強したい人、独学で勉強し続ける自信がない人には最適なスクールだと思います。

サービス名フルーエント中国語学院
URLhttps://fluent.asia/tsushin/
運営会社名株式会社フルーエント
所在地〒160-0022 東京都新宿区新宿5丁目11番30号新宿第五葉山ビル3階
設立2020年8月18日
資本金100万円

フルーエント中国語学院の無料個別相談会の流れ

公式ページの構造がやや複雑なので、無料個別相談会を申込する場合は公式ページのこちらのURLから直接アクセスした方が早いです。

ページの下部にある「※すぐに受講相談したい方は、個別相談会(無料)にご参加ください」の個別相談会(無料)部分をクリックしてください。

フルーエント中国語学院の無料個別相談会

クリックすると個別相談会のページに移るので、ページ下部にある「無料個別相談会のご予約」の申込フォームに必要事項を入力。

項目中の「中国語の学習目的と相談内容」は任意項目ですが、入力して事前に伝えておいた方が相談会での会話がスムーズになると思います。

また、フルーエントでは無料個別相談会のほかにも、「オンラインスタートアップ無料セミナー」を開催。セミナー終了後には無料相談会も行われるようです。実施日時や開始時間の都合が合えば、セミナーに参加するのもよいと思います。ただし、各回定員が決められているのでお申込みはお早めに!

申し込みから予約確定までは以下の流れでした。

  • 申し込みフォームを送信
  • 申し込みフォーム受付自動返信メールが送られてくる
  • トレーナーより日程確認メールが送られてくる
  • 日程に問題がなければその旨を返信
  • トレーナーより予約確定メールが送られてくる

予約確定メールにはZoomのインストール方法やアクセス情報が記載されています。レッスン当日慌てないよう、早めに目を通し、準備をしておきましょう。

また、申し込み後、無料個別相談会の申込者には、教材の紹介やフルーエント受講生の体験談(全9件)のメールが自動配信されます。フルーエントの講座内容や実際の学習の成果が紹介されていますので、事前に目を通しておくと、学習イメージがわきやすいと思います。

フルーエント中国語学院の無料個別相談会のレビュー

無料個別相談会当日は、開始時間までにメールに記載されていたZoomのURLに接続。接続後、入室許可がされるとカウンセリングが始まります。ちなみに今回はメールの返信をくれた日本人のトレーナーの方がカウンセリングの担当者でした。

カウンセリング開始前に、今回のカウンセリングの様子について録画してもいいかどうかの確認をされました。録画を断ったからと言って、対応が悪くなるわけではありませんので、もし録画が嫌な場合はその旨お伝えしましょう。

カウンセリングは合計60分。内容は以下の通りです。

  1. 現状ヒアリング<10分>
  2. スクールの説明<20分>
  3. サポートの説明<15分>
  4. オリジナル教材の紹介<5分>
  5. 費用、支払方法の説明<5分>
  6. 質疑応答<5分>

現状ヒアリング

現状ヒアリングは、申込時に記載したアンケートの内容をもとに進められます。

  • 中国語の学習歴(いつ、どれくらいの期間、どのように習ったかなど)
  • 現在の中国語使用状況(使用頻度、使用場面など)
  • 仕事の状況(通勤と在宅勤務の割合、1週間どれくらい学習時間が取れるか)
  • 質疑応答(フルーエントを受講するにあたって特に聞きたいこと)

全体を通して、実際にフルーエントのカリキュラムを行うにあたり、現状の中国語のレベルから1年後にどれくらいの学習進捗が見込め、目標が達成できそうかを推し量るための質問となっています。

現状ヒアリングが一通り終わると、トレーナーから今回のカウンセリングで特に知りたいことは何か、という質問を受けました。「授業の進め方、カリキュラムの内容、講師は中国人のいるのか、費用等」と回答をしたところ、「誤解がないように」とフルーエントの講師について説明をしていただきました。

フルーエントには中国語の講師はおらず、専任のトレーナーが受講生に1年間つきます。トレーナーは中国語学習の先輩で、いわゆる“先生”ではなく、学習のペースメーカーや学習方法のアドバイスをしてくれる存在であることなどを丁寧に説明していただきました。

「もし先生からしっかり中国語を習いたいということであれば、フルーエントではなく、他のスクールを検討された方がよいかもしれません」とアドバイスがありました。

納得してフルーエントの講座を受講するために、事前にしっかりと説明をしてくれる点はとても好感が持てました。

スクールの説明

現状ヒアリングが終わると、スクール説明が行われました。説明はスクール側で用意してくれているパワーポイントを用いて行われます。

  • フルーエントの実績(累積受講人数、HSK合格率など)
  • コースの特徴(学習サポート方法、レベル設定など)
  • 使用教材の説明(教材の冊数、価格、取得方法)
  • 実際の学習の進め方(学習進度の目安、テキストの説明、学習の流れなど)

フルーエントのレッスンは、スクーリングではありません。オンラインテキストと市販教材を使いながら、決められた範囲を独学で学んでいくのが基本的な学習スタイル。

一人で学習を進めなくてはならない分、中国語の土台作りや学習の習慣化ができるよう、カリキュラムとサポート体制が工夫されています。

また学習のレベルは6段階、HSKの級と連動。レベル1がHSK1級、レベル2がHSK2級、といった具合です。HSK取得を目標としたカリキュラム構成となっていますので、目標達成状況も明快ですね。

サポートの説明

その後は、フルーエントのサポート体制の説明がありました。

  • クラス制度の説明(サポート開始日及び体制、サポート開始までの流れなど)
  • 専任トレーナーの役割(具体的なサポート内容、課題、コーチングなど)
  • その他(学習にあたって準備するもの、サポート保証など)

先述の通り、サポートは専任トレーナーが担当しますが、必ずしも受講開始後、すぐにトレーナーのサポートが始まるわけではありません。

サポートの開始時期は奇数月のみで開始日も決まっています。また定員も決められており、定員に達した場合は次の奇数月からサポートが開始されることになります。

トレーナーのマンパワーやスケジュールの調整もあるので、募集できる人数を制限し、サービスの品質確保を行っているのかもしれないですね。受講する場合は、なるべく早めに申込みをしたほうがよさそうです。

また、サポート開始前でもオンラインテキストや市販テキストを使って学習を進めることは可能です。学習相談や課題の提出はできませんが、先に学習スタートすることができるそう。サポート開始前期間は、本部のトレーナーが一時的に対応してくれるそうですのでご安心ください。

オリジナル教材・費用・支払方法の説明

その後は、フルーエントが販売している発音に特化した教材の紹介、受講料や支払い方法の説明、質疑応答で相談会は終了となりました。ちょうど60分、予定時間通りでした。

今回、担当してくれたトレーナーは、終始こちらの意見を聞きながら、どんな質問でも丁寧に受け答えをしてくれるので、安心して説明を聞くことができました。

実際の専任トレーナーもこれくらい真摯に対応してくれるのであれば、コーチングも受けてみたいと思いました。

体験レッスン後、すぐに担当トレーナーから、受講の申込フォームのURLが記載された御礼メールと参加特典の講座動画のURLが送られてきました。

参加特典講座動画は1時間の長さでボリュームも満点!中国語の語順、“沒”と“不”の使い分け、“了”や“把”の使い方といった基礎文法をわかりやすく解説してくれています。

中国語学習者が特に苦手としている部分がピックアップされているので、この動画だけでもかなり勉強になると思いますよ。

また体験レッスン中も体験レッスン後も強引な勧誘なども一切ありません。

フルーエントの講座の進め方や使用している教材、動画などを具体的に知りたい方は、ぜひ相談会に参加してみてください!

フルーエント中国語学院のメリット

ここからは、相談会に参加して感じたフルーエントで中国語を学ぶメリットについてまとめてみました。

  1. 自分のペースで学べる
  2. 独学で目標達成するためのカリキュラム設計
  3. コーチングスクールとしては低価格

自分のペースで学べる

フルーエントの最大のメリットは、自分の好きなペースで学習を進められることです。通信教育ですので、日々の学習量や進捗管理については、すべて受講生の裁量にゆだねられています。

時期によって仕事量にばらつきがある人や、決まった時間に学習時間が確保できない人などには、適した学習スタイルですね。

とはいえ、中国語をゼロからはじめて1年でHSK4級取得を達成させるために、受講生をまったくの野放しにしているわけではありません。

フルーエントでは、目標達成のために受講生に週10時間以上は学習時間を確保することを推奨しています。また学習開始後1か月(学習開始後1か月以降は1週間に1回以上)は、専任トレーナーに毎日学習報告を行うことで、学習習慣を定着させるようにしています。

独学でなにも制限がない場合、一度気が緩むと勉強しなくなりそうなので、多少プレッシャーがあったほうが勉強も続きそうですね。

独学のためのカリキュラム設計とサポート体制

フルーエントの学習スタイルについて、三宅先生は動画中で以下のように表現されていました。

“何を どのように どのレベルで どういうテンションで どれくらいの時間やればいいのか細かく伝え、更にサポートをつける“

今回の相談会での説明を受け、実際、上記の言葉通りのカリキュラム設計とサポート体制が構築されていると感じました。

フルーエントでは、1週間(7日)を基本的な学習スパンとしています。第1日目はオンラインテキストを受講(2-3時間)し、2日目から7日目までは市販テキストを使って自習する、という学習サイクルをひたすら繰り返していきます。

学習サイクルの回数は級によって異なりますが、中国語を0から始めた場合、1年でレベル4まで終了するように設計されています。

レベルHSK学習期間
レベル1HSK1級8週
レベル2HSK2級8週
レベル3HSK3級16週
レベル4HSK4級16週
レベル5HSK5級16週
レベル6HSK6級32週

今現在、HSKは日本国内で毎月1回受験可能なので、学習プランをうまく設計すれば、効率よくHSKの受験計画も立てれそうですね。ただ来年以降、現行の6級制から9級制になると汉考国际からも発表があったので、それに合わせてレベルやカリキュラムの変更もあるかもしれません。

また、学習2日目から7日目にどの市販テキストのどのページをやるか、提出課題の提出時期については、すべて1日目のオンラインテキストで指示されているそうです。7日目まで終わると、実力テストが用意されているそうです。

提出課題については、レベル1-4は発音、レベル5-6までは作文の課題をそれぞれ提出します。提出回数は年間12回と決められています。課題提出のタイミングや提出物についても専任トレーナーが相談にのってくれるそうです。

コーチングスクールとしては低価格

フルーエントのマンツーマンサポートの価格は、レベルに関係なく1年間で288,800円です。他のコーチングスクールが、3-4ヶ月の受講期間で約20万-30万円かかりますので、それらのスクールと比較すると値段は安く設定されています。

ただ、1年でHSK4級取得が目標であれば、もっと低価格な中国語教室もありますし、完全に独学でも取得できる人もいます。費用対効果の価値をどこに置くかで安いと感じるかどうかも変わってくると思いますので、自身の学習スタイルや課題点と照らし合わせてご検討してください。

フルーエント中国語学院のデメリット

次にフルーエント中国語学院のデメリットをあげたいと思います。

いわゆる“中国語の先生”はいない

フルーエントには中国語を教えてくれる先生はいません。日本人の専任トレーナーが受講生の学習サポートを行います。

専任トレーナーは、受講生に最適な学習アドバイスをし、中国語を楽しく学べるようにサポートする役割を担っており、具体的には以下の3点を担当します。

  • 学習報告、相談、質問回答(毎日)
  • 提出課題(発音、作文)の確認(全12回: 1回/1か月)
  • コーチング(全6回:1回/2か月)

また普段はChatworkを通じた文字でのやり取りのみとなっています。学習上で不明な点があった場合、トレーナーを参考書代わりにはせず、まずは自分で調べ、その後トレーナーに質問をすることになっています。

専任トレーナーは、HSK6級取得者で海外在住経験や中国語を使用した業務経験はあるそうですが、「教える」ことを専門に学んではいません。あくまで「中国語学習の先輩」という立場の人たちです。

そのため、受講生には、即答ではなく時間をおいて回答しても不自然ではない文字だけの対応にし、予防線を張っているのかなとも思いました。また先生出ないのであれば、回答の精度がどれくらいなのかも少し不安を感じました。

中国語会話実践の場がない

フルーエントは「独学」で学習を進めるうえ、中国語の先生もいません。そのため、学習の過程で、他人と中国語で会話する機会はなく、自分で中国語を話す場を探していく必要がありそうです。

発音や音読などは、音声課題提出でフィードバックをしてくれるようですが、発音や音読の練習をひたすらやっても、必ずしも人と会話ができるようになるわけではありません。中国語で会話したければ、自ら話す場所を探していかないと、HSK6級を取れたとしても、会話ができないことになる可能性もあります。

会話の学習方法については、トレーナーがアドバイスをしてくれるとは思います。しかし「中国語を話すこと」が学習目標としている人の場合は、ネックになるかもしれません。実際に受講を進めていく中で、どれくらいこの点を解消できるかどうかについては、事前に相談会で相談した方がよいと思います。

コースは1年コースのみ(HSK4級合格が現実的!?)

フルーエントのコースは1年コースのみです。レベルごとのコース設定もありません。途中で止めたとしても返金等にも対応してもらえないと思いますので、受講を開始したのであれば1年間続けるしかありません。

決して安くない受講料ですので、自分の学習目標や学習スタイル、時間確保の状況と照らし合わせて、1年間継続して学習できるかあらかじめ検討するようにしましょう。

ただ、1年のサポート修了後、HSK4級に合格できなかった場合、フルーエントの指定条件(1年間1度も欠かさず学習報告を提出、提出課題を12回提出、コーチングを6回受講)を満たせば、最長半年の延長が可能となっているそうです。

どうしても学習時間が確保できない事態が発生した場合、専任トレーナーにも相談しながら、この制度もうまく使えたらいいですね。

フルーエント中国語学院中国の口コミ・評判は?

フルーエント中国語学院中国語の口コミを紹介します。

1年でHSK4級をクリアできた、という口コミが多かったです。その他、三宅先生のファンが多く、フルーエントのホームページやYouTubeで学習しているコメントもいくつか見受けられました。

▼ 1年学んでHSK4級をしっかり取得できていますね。

▼ フルーエントの動画を活用している方の声です。

フルーエント中国語学院のコース・料金は?

入会金0円
コースと料金・マンツーマンサポートコース:288,800円
・レジェンド・コース:880,000円
レッスン時間単位独学
教材計10冊 23,430円
講師国籍なし
対応時間帯なし
通信方法(オンラインの場合)・通常連絡:Chatwork
・コーチング:Zoom、Skype

フルーエント中国語学院の個別相談会を受けてみよう

相談会を受け、フルーエントはコーチングスクールというよりは、受講生が独学で学び、目標を達成するための教材とサポート体制が売りのスクールだと感じました。

実際、スクールのホームページやYouTubeでもフルーエントの学習動画を何本か観てみましたが、どれも無料にもかかわらず、わかりやすく質の高い動画でした。このレベルの教材で1年間基礎からしっかり学べるのであれば、確実に中国語の力がつくと思います。

どのように学び、どのように成果を出せるのかを知りたい方は、ぜひ一度、フルーエントの相談会またはセミナーに参加してみてください。公式ページから申し込みができます。


もし短期集中で本気で頑張りたいという方には、専属のコーチがついてくれる「中国語コーチングスクール」もおすすめです。詳しくはこちらの記事をご覧ください。
関連記事

みなさんは「中国語コーチング」とはどういうものなのかご存知ですか?中国語を学びたての人は、自分と中国語コーチングは関係の無い話だと思うかもしれません。しかし実はその逆で、中国語初心者にこそ中国語コーチングを検討する必要があります。 […]

受講したことがあるという方は、これから受講を検討する方のために是非感想を教えていただけると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

口コミ投稿はこちらからお願いします!

【口コミ・評判】フルーエント中国語学院のメリット・デメリットを解説!
最新情報をチェックしよう!